まだ遅くないアンチエイジング。60代ー70代を美しく生きよう!

ゆるばあの『人生の午後』本番進行中!

日々つれづれ

105歳の医師、日野原重明さん

更新日:

生き方上手

7月18日、105歳の医師、日野原という言葉を提言した事でも知られています。

日本で初めて人間ドッグを導入した人でも知られています。

色んなエピソードをお持ちのエネルギー溢れる素晴らしい人で、卓越した人生を生きて来られた方のようです。

以前テレビで拝見したときに、彼の食事の事を聞いたことがあります。

朝はコーヒー、ミルク、ジュース、スプーン一杯のオリーブオイルのみ。

昼はミルクとクッキー2個。

夜は茶碗半分のごはん、たっぷりの野菜とヒレカツor魚。

一日に1300カロリーと決めていて、1000カロリーが基礎代謝、100カロリーが頭脳活動と運動に使っていると言われてました。

 

また人生は60歳までは午前中だと言っておられた事があります。

賛成(*^^)v

60歳からが午後が始まる訳ですから、午後の方が長いんです。

私がユングに逆らって時計を巻き戻したのは間違ってなかったんだ(^_-)-☆

日野原先生もまた、常に新しい事に挑戦する事が必要だと言われています。

人生、冒険心と好奇心、忘れてはダメダメ(*^-^*)

 

また『新老人の会』というのを発足されていて、会員条件が75歳以上で元気なこと。60歳以上についてはジュニア会員、20歳以上はサポート会員として入会は認めているが、あくまでも主役はシニアという事です。

私はジュニア(・´з`・) ルンルン♬

 

いつもポジティブで仲間を作り、自分の得意分野を教えあう。

小食で、エレベータを使わず階段を使う。

いつも笑顔でいる。

など、色々実践しておられますが、きっと精神力の強い方だったんですね。

日野原重明の著書

☆生きかた上手

☆いのちのバトン 97歳のぼくから君たちへ

☆生きてるだけで100点満点 99歳のぼくから君たちへ

☆いのちの絆 ストレスに負けない日野原流生き方

☆道は必ずどこかに続く

☆人生を輝かせる10のお話

☆95歳からの勇気ある生き方

☆人生、これからが本番 私の履歴書

☆私が人生の旅で学んだこと

☆生きることの質

☆いのちの器 人生を自分らしく生きる

などなどたくさんの著書がありますが、ほんの題名を見ただけでも名言だと思います。

日野原重明の名言

☆生きがいとは、自分を徹底的に大事にすることから始まる

☆鳥は飛び方を変えることは出来ない。動物は這い方、走り方を変えることは出来ない。しかし、人間は生き方を変えることが出来る。

そう思います。気がついた時に生き方を変えれば楽になります。

☆何事も、今ある規則のとおりにやっていたのでは進歩はない。規則を破るようなことをやらないと、現状はなかなか変わらない。規則を破ったとしても、皆が応援するような破り方をすればよい。そうすれば、新しい良い規則がずっと早く出来る。

そうです。皆が応援するような破り方をするっていうことが大事ですね。時代は変わっているんです。

☆私たちに与えられた恵みを数えてみれば、どんな逆境にあったとしても、受けているものの方が、与えるものよりも多いことに気付く。受けた恵みを、どこかで返そうと考えたいものである。

ほんとにそうですね。

当たり前の生活の中で受け取っている恵みを忘れがちです(>_<)

ゆるばあ
人生の午後本番進行中です。人生の午後をどう過ごしたいのか考えたとき、生き生きとしていたい。自分を大事に心地よく過ごしたい。いろんな経験、新しいこと出会いたい、自分を好きでいることをモットーに成長していきたいと思っています。

蒔かぬ種は生えぬ!わけがありません。固まってしまった土も掘り起こして柔らかくしてみれば何か種が見つかるかもしれません。

やってみなけりゃわからない(*´▽`*)







-日々つれづれ

Copyright© ゆるばあの『人生の午後』本番進行中! , 2018 All Rights Reserved.